開発事例紹介

外観検査システム

システム概要

CCDカメラを使用して製品の画像を取り込み、画像処理によって外観検査を自動で行う
システムです。

ページ上部へ

課題・問題点

  • 今までは検査を目視で行っており、ヒューマンエラーが頻発していました。
  • 検査そのものの作業効率も非常に悪い状態となっていました。
ページ上部へ

導入効果・利点

  • ヒューマンエラーを抑えることができました。
  • 検査の作業効率が向上しました。
ページ上部へ

システム図
(下図をクリックすると拡大表示されます。)

外観検査システム図 ページ上部へ

特徴・ポイント

  • 画像処理によるOK/NG判定を行っています。
  • システム上でステージ動作の設定を詳細に行えるため、多種多様な検査に対応
    できます。
ページ上部へ