開発事例紹介

勤怠管理システム

システム概要

タイムレコーダーと通信を行い、作業員の勤怠データを保管、管理します。
また、出勤率、稼働率、超過勤務状況などの表示、
印刷を行ったり、勤怠データを給与システム用にデータ変換する機能をもったシステムです。

ページ上部へ

課題・問題点

  • 勤怠管理システムは、もともとMS-DOS版で運用されており、今後の保守、メンテナンス
    の問題に不安を抱えていました。
  • 会社独自の勤怠集計方式が存在しており、マッチした勤怠管理システムを構築したい
    という要望がありました。
ページ上部へ

導入効果・利点

  • ユーザーインタフェース向上により、集計作業の効率が向上しました。
  • 給与システムとのデータ連携により、作業効率が向上しました。
ページ上部へ

システム図
(下図をクリックすると拡大表示されます。)

勤怠管理システム図 ページ上部へ

特徴・ポイント

  • タイムレコーダーからの勤怠データを取得する機能をもたせました。
  • 市販給与計算ソフトとのデータ連携を可能にしました。
ページ上部へ