会社沿革

1987年 ・菅野電子設計有限会社として設立(資本金200万)
 マイコン応用機器の受託開発業務を開始
1990年 ・仙台市泉区南中山に土地・建物を取得し移転
・社名を「バイスリープロジェクツ有限会社」に変更
1996年 ・資本金を400万円に増資
1997年 ・視覚障害者向け情報機器の販売・サポート業務を開始
2001年 ・仙台市泉区長命ヶ丘に土地・建物を取得し移転
・「バイスリープロジェクツ株式会社」に改組
・資本金を1,000万円に増資
・大崎市に古川支社を開設
2002年 ・日本ナショナルインスツルメンツ社アライアンスパートナーへ登録
2003年 ・NEDO助成金採択(事業名:省エネルギー型マイクロ電源の開発)
2004年 ・中小企業新事業活動促進法に基づき、「経営革新計画」承認企業となる
2006年 ・仙台本社を改修
2009年 ・画像処理分野で戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)採択
 採択案件名:「アルゴリズム」からの組込みシステム向け
         「試作/製品用ソフトウェア」の実装に関する研究開発
2010年 ・画像処理分野で戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)採択
 採択案件名:外観検査用ロボットを高度化する
         画像処理組込みソフトウェアの開発と事業化
2011年 ・上記、採択案件名:外観検査用ロボットを高度化する
 画像処理組込みソフトウェアの開発と事業化継続採択
2013年 ・変曲線マッチングアルゴリズムの特許を取得(特許第5182833号)
・画像処理分野でものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等補助金
 (ものづくり補助金)採択
 採択案件名:画像処理組込みソフトを用いた汎用表面欠陥検査装置の開発
2014年 ・中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業に係る
 補助金採択
 採択案件名:表面欠陥検査用同期光学ヘッドの開発
2015年 ・スリットシフトMinMax(SSMM)の実用新案を登録(実願2015-001216号)
・表面欠陥検査ユニット「SSMM-1」の販売を開始
ページ上部へ